平成26年度岡山県在宅医療連携拠点事業について
 1 目 的

県民が、医療や介護を要する状態になっても、住み慣れた地域で生活を続けられるためには、医療・介護サービスが切れ目なく提供される必要がある。
このため、市町村や地区医師会等が連携拠点となって、医療介護関係機関が適切に情報を共有し、連携することにより、適時適切に、在宅療養者やその家族の希望に沿った最適なサービスを提供できる体制を構築する。

2 事業主体

市町村、自治体病院、地区医師会

3 内 容

市町村や地区医師会等に在宅医療連携拠点を設置する。事業主体は、地域の実情に合わせ、医療関係者(地区医師会、医療機関)が医療介護連携体制の構築を牽引していくよう以下の事業に取り組むこととする。原則、(1)〜(5)については、積極的に取り組むこととする。

(1)在宅医療の推進及び多職種連携の課題に対する解決策の検討

(2)効率的な医療提供のための多職種連携等

(3)在宅医療に関する地域住民への普及啓発

(4)在宅医療に従事する人材育成

(5)効率的で質の高い24時間対応の在宅医療の構築

(6)その他、医療介護関係機関が最適なサービスを提供できる体制を構築するために必要な事業

なお、事業の実施にあたっては、管轄の保健所・保健所支所と連携・協力することとする。

本事業により連携体制が構築された後には、市町村がこの体制を維持する責任主体となることを前提として、事業に取り組むこととする。
調査票記入ページへ