津山市医師会沿革
明治35年  5月   津山地区在住開業医により私設医師組合設立(初代代表者 中島大次郎)
大正 9年  3月   苫田郡医師会(津山市医師会の前身)発足(初代会長 中島琢之)
昭和 3年  1月   苫田郡医師会館新築(津山市山下)
昭和 4年  2月   津山市制施行 津山市医師会発足(初代会長 河野稲太郎)
昭和17年  2月   戦時下医療統制のため国民医療法制定、津山市医師会は岡山県医師会津山支部になる。
昭和22年 11月   法改正により社団法人津山市医師会設立(初代会長 小野哲二)
昭和27年  7月   法改正により看護婦養成機関を津山市医師会准看護婦養成所として発足
昭和37年  4月   准看護婦養成所を津山准看護学院と改称
昭和39年  6月   津山市医師会報創刊
昭和40年  6月   内科系医師による休日当番制実施
昭和41年  3月   外科系医師による救急医療輪番制実施
昭和42年  9月   津山保健センター開設 ,津山市医師会臨床検査センター開設
昭和42年 11月   旧津山市医師会館売買につき岡山県建設業協会津山支部と契約締結
昭和43年  2月   津山市医師会設立20周年記念式典挙行
昭和45年  4月   津山高等看護学院設立
昭和46年 11月   津山市医師会胃集団検診部発足
昭和52年  9月   津山市医師会設立30周年・津山保健センター開設10周年記念式典挙行
昭和53年  3月   津山看護専門学校設置認可
昭和54年  8月   保健センター改装工事完了
昭和55年  4月   津山産科看護学院開校
平成  7年 4月   美作地域産業保健センター津山市医師会内に開設
平成 9年  3月   津山市医師会胃集団検診部廃止
平成10年  3月   津山市医師会臨床検査センター廃止
平成12年  9月   臨時総会において会費徴収規定の見直しを決議(平成13年度より施行)
平成17年  4月   市町村合併により津山市医師会のエリア拡大(旧久米町、旧勝北町、 旧加茂町、旧阿波村と合併)
平成17年  4月   保健センター4階を美作県民局に貸与、津山東高等学校専攻科学生に奨学金貸与開始
平成17年  6月   保健センターホール改修工事完了
平成18年  3月   津山看護専門学校閉校
平成18年  6月   保健センター2階全面改修工事完了
平成18年  7月
  保健センター3階を美作県民局に貸与
平成25年  4月   一般社団法人 津山市医師会に変更
平成25年  5月
  津山市医師会在宅医療連携拠点事業開始