日本脳炎の予防接種についてのご案内

平成7〜18年度に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分になっています。特に、今年(平成24年度)小学2年生・小学3年生・小学4年生の方は、母子健康手帳を確認のうえ、不足分の接種を受けてください。

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした(いわゆる「積極的勧奨の差し控え」)。
その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。

このため、平成7〜18年度に生まれた方は、平成17〜21年度に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃していることがありますので、母子健康手帳などをご確認いただくとともに、今後、市町村からのご案内に沿って、接種を受けていただくようお願いします。
なお、生まれた年ごとの、具体的な影響と対応については、以下の通りです。


日本脳炎の予防接種の、標準的な接種スケジュール
 
1期接種(計3回)
3歳のときに2回(6〜28日の間隔をおく)
その後おおむね1年の間隔をおいて(4歳のときに)1回
2期接種(1回)
9歳のときに1回
生まれた年ごとの、具体的な影響と対応
※ 平成7年6月1日〜平成19年4月1日生まれの方は、6カ月〜20歳未満の間、いつでも日本脳炎の定期予防接種を受けることができることになりました(平成23年5月20日から)。
日本脳炎の予防接種が不足している方は、下記を参考にして、接種を受けるようお願いいたします。 

(平成23年5月20日現在)

生まれた年 平成23年度における年齢 平成17〜21年度に接種を受けなかった影響
※市町村からのご案内に沿って接種を受けている場合。ご自身の状況は、母子健康手帳などをご確認ください。
今後の対応
1期接種
(通常は3歳で2回、4歳で1回)
2期接種
(通常は9歳で1回)
平成19年度以降 「年少」相当(3〜4歳)以下 影響はありません 市町村からのご案内に沿って、通常通り接種を受けてください。
平成15〜18年度 「年中」相当(4〜5歳)〜小2 1期接種を受けていない方がいます 現在は接種のご案内をしていませんが、平成24年度以降に、市町村から、接種のご案内をする予定です。なお、ご希望の方は、現在も接種を受けることができます。市町村にご相談ください 1期接種が遅れているため、今後の2期接種のご案内については未定です。なお、ご案内がなくても、1期接種をすでに受けた、9歳以上の方は、希望すれば、2期接種を受けることができます。市町村にご相談ください(通常の2期接種の対象は9歳以上13歳未満ですが、この年齢の方々には、2期接種の期間を20歳未満まで延長しています)
平成14年度 小3 1期接種を受けていない方や、接種回数が不足している方がいます 平成23年度に、市町村から、接種のご案内をする予定ですので、不足回数分の接種を受けてください。ご案内がなくても、ご希望の方は、現在も接種を受けることができます。市町村にご相談ください
平成13年度 小4 1期接種の接種回数が不足している方がいます。2期接種を受けていない方がいます
平成7年6月〜13年3月 小5〜中3相当高1相当の一部(6月生まれ以降) 2期接種を受けていない方がいます 1期接種を受けそびれている場合、ご希望の方は、接種を受けることができます。市町村にご相談ください 今後の2期接種のご案内については未定です。なお、ご案内がなくても、1期接種をすでに受けた方は、2期接種を受けることができます。市町村にご相談ください(通常の2期接種の対象は9歳以上13歳未満ですが、この年齢の方々には、2期接種の期間を20歳未満まで延長しています)
平成7年5月以前 高1相当の一部(4、5月生まれ)
高2相当以上
影響はありません ――― ―――

 注1 既に1期接種を1回又は2回受けた方は、前回の接種から接種間隔が開いていても差し支えないので、(6日以上の間隔をおいて)残りの回数を接種してください。
 注2   この表は、予防接種法に基づく定期接種に関する影響と対応を示すものです。表にない場合でも、医療機関において任意に接種を受けることは可能です。