「雀のお宿」日本画
 
 花鳥風月と云われるように日本画、特に水墨画で鳥は出てまいりますが、主役と起承転結的につながり、色彩よりも造形の方に力がいくようです。
 この作品は庭のかたすみを画くことから始めましたが、結果的に色感にたよったものになってしまいました。岩絵の具のダイナミックさが出ておりません。
 森岡 秀行